FlashAir買ってみた。使い心地は??

FlashAir買ってみた。使い心地は??

FlashAir

今更ですが東芝のFlashAir買ってみました。

こいつは、カメラに入れておけば簡単にWi-Fi経由で携帯などに写真を取り込めるというスグレモノ!
お手軽簡単なのが長所です。

いまどき、一部の上位機種をのぞいて大抵にカメラにはWi-Fi機能は付いていますが、それでも欲しかったのです。
なぜなら、NikonのアプリWMU(Wireless Mobile Utility)が非常に使いづらいからです。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-17-0-07-10
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-17-0-10-29

なんだろ、このAndroid2.x時代を思い出させるUI
懐かしい気持ちになりますが、そのような感情にさせる必要はないのです。

そしてもう一つ。Nikonは、Wi-Fi起動までのメニューの階層が深い。
普段あまり使用しないその他設定画面にあるため、何度もボタンを押して選択しなければいけません。それが正直うっとうしい。

購入

今日の会社帰りに近所のドンキホーテで購入してきました。
正直ドンキでは売っていないと思っていたのですがまさか。

_dsa6711

見た目、通常のSDカードと全く変わりません。
強いていえば、普通のSDカードは大抵黒ですが、白色で可愛らしい事くらいです。

付属品としてよくあるプラスチックのカードケースが付いてきました。

FlashAir? EyeFi?

同じ機能を持った製品にEyefi mobiがありますが、私はFlashAirを選択しました。

Eye-Fiは、写真を撮ったらすぐにスマートフォンへ飛ばせるそうですが、私は全ての画像をスマートフォンへ取り込みたいわけではないためその機能は不要と判断しました。

なにより

flashair

有村架純可愛いよね。ドンキホーテに展示用カードが並んでいるのをみて余裕で買うことを決意しました。

なんて言っていますが、一番の理由は購入のしやすさだったと思います。
ドンキホーテでEye-Fiが一緒に並んでいたらどちらを買っているかはわかりません。この分野の先駆者はEye-Fiなのかな?そう思っているのでもしかしたらEye-Fiを買っていたかもしれません。
そこは有村架純しだいだったかな(すみません。本当に可愛かったもので……)

使用感レポ

使用方法は、一旦PCへ接続(SDカードリーダで)してSSIDやパスワードの初期設定を済ませれば、すぐにカメラで使用することが可能でした。
非常に簡単で楽です。

アプリ画面

iPhoneに写真を飛ばすには、専用のアプリをインストールして使用します。
Eye-Fiのアプリも使用出来るようですが、今回はTOSHIBAのアプリを使用しました。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-16-23-56-09

私の好きなブルー基調のアプリ。デザイン好きです。

軽快に動作し、快適に使う事が出来ます。選択して保存と簡単です。

カメラ設定

カメラの設定について、少し気をつけなければいけないこともあってFlashAirはカメラの電源がONの時のみしか使用出来ないようです。
その電源ONというのが少し面倒で、大抵のカメラは一定時間操作、使用をしていないと自動で電源OFFになるため通信も切れてしまいます。
その機能の名前がNikonだと「半押しタイマー」だそうでわかりづらく設定画面をさまよってしまいました。
機種によって違いはあると思いますが、D7200の場合だとカスタムメニューの「C2」でした。
私はとりあえず30分に設定しましたが、あまり電池の消費が激しくないようだったら∞に設定をしようと思います。

通信速度

JPEGの画質設定がFINEの場合だと、一枚の画像を開くのに大体20秒前後かかるようです。(少し時間が掛かる)
ファイルサイズがファイルサイズのため仕方のないことですが、これから使ってみてストレスに感じるようだったらJPEGの画質設定を下げて運用したいと思います。
RAW+JPEGで保存しているため、編集するときはRAWを使用するためFINEで保存している理由もなんとなくとないため、問題はないと思っています。

保存容量

公式サイトをざっとみたところ、保存容量は8GB, 16GB, 32GBとあまり大きい容量のものは用意されていないようなので、人によっては1枚では足りないこともあるかもしれません。
幸運なことにD7200は10万円以下のボディにもかかわらず、ダブルスロットに対応しているためRAWは通常のSDカード、JPEGはFlashAirと分けて保存すればこれもクリアできます。

読み書き速度

SDカードは最近とても高速化していて、私の所有するD7200もUHS-Iに対応していますが、FlashAirはclass10にとどまり読み出し速度40MB/sと読み書き速度は最近の良いSDカードと比較すると劣るかもしれません。

これからの使い方

ここまでまとめてみて、正直メインのSDカードとして使用するのは難しいのかなというのが正直な感想。
しかし、アプリを含めた使いやすさはとても満足度の高いものだと思うので、ダブルスロット対応のカメラの場合であれば便利に使う事が出来ると思いました。

カメラの背面液晶だと少し見づらく、スマートフォンで確認したい。友達と出かけて撮影した写真を見せたいなどスマートフォンにデータを転送したいシーンは多くあると思います。
そんな場合にとても有用なツールなので是非使ってみてはいかがでしょうか。