マクロプラナーは素晴らしい。

マクロプラナーは素晴らしい。

今日は、ヨドバシカメラにいって、触って、ナナニッパの候補の一つ。SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD(A009N)は、候補から削除してきました。

マクロプラナー

Carl-Zeiss Makro-Planar T* 2/50

ほんとすごいレンズです。素晴らしい。
今回改めて感じました。多分、いや、絶対、他のレンズとは違う。何かが違いました。

常立寺(3回目)

3日連続で、常立寺の事を書いています。そのくらい、いい1日だったのです。

昨日までの記事で使っている。レンズは、主に Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F/2.8E ED VR です。
今日は、Carl-Zeiss Makro-Planar T* 2/50で撮影した写真を中心に使っていきます。

まくろぷらなー

最近、すっかりMakro-Planarで撮影するのが面白くなって、愛機D810に付けっぱなしになっています。
そんな、マクロプラナーは常立寺に行ったときにも当然カメラバッグの中に入っていました。

しかし、この日は雨。大切なこのレンズ、雨の日に出すのに抵抗を持っていて、ずっとNikonさんのレンズで撮影をしていました。
でも、マニュアルフォーカスのレンズを使っていると、便利なAFが時にうーんとなったりします。(逆もある)この日は、AFレンズにも関わらず気付いたらピントリングをシャコシャコしていました(笑)
やはり、出掛けたら一度は、マクロプラナーを使いたい。そんな衝動を抑え込んでいる時に、境内の外?門外?にキレイな梅の木がたくさんあって、お花もしっかり付いているではありませんか!中の方は、木に近づきにくかったりしたのですが、そこは近づいて写真を撮れそう。むしろ三脚を立てて撮っている人がいました。

私、我慢できなくなりました。気付いたらマクロプラナーはD810とドッキングしていました。雨に濡らしてごめんなさい。
クロスで一生懸命拭きながら、写真を撮りました。そしたら、自分が撮ってみたかったような写真が撮れました。゚(゚´Д`゚)゚。

雨の中の梅

雨の中写真を撮ったことは、ほとんど無くて、さらにお花を撮るなんてあまりなかった。雨の日って、空を写すとどんよりしていて、あまり面白くないなんて思っていました。そんなこと無い。雨の日って曇りに日よりもさらに光が柔らかいんですね。

今回のアイキャッチは、この花の露出高めで撮ったバージョン。
アイキャッチは、やっぱり明るめの写真の方がいいかなって思って明るい写真を選びました。

梅の木があって、奥は影で暗い。しかし、花は雲のトランスルーセントされた日光を浴びて柔らかく光を反射しています。なんて美しい。

この日は雨。梅の花は花びらに水を蓄え、つぼみは、小さな水をのっけています。なんて可愛い。

最大限まで開いた花では、水玉が太陽の優しいスポットライトを浴びています。なんて楽しい。

雨の中でも、真っ直ぐ空へ向かうおしべ。水玉に堂々とした姿を見せています。なんてたくましい。

ちょっとお水が重いかな。落とさないように頑張って。

開花した花ばかりではないよ。私も綺麗。と淡い光を放つ蕾。

カールツァイス

と、たくさん写真を撮ってきました。マクロプラナーを出して良かった。多分。ズームじゃあこんな夢中になって撮らなかったな。
私、ずっとこんな。暗いなかで光を放つ写真を撮ってみたかったのです。今回やっと叶いました。

マクロプラナーのこの質感。たまらないです。深緑が特に美しい。吸い込まれそうな緑。深い緑。そして軽くない水。重みを感じる。
ただただ驚きました。

アイキャッチのような、宝石のような水玉もいいですが、こういうヌメッとしたどこか金属的な水玉も好きです。

一生懸命ファインダーを覗いて、どこにピントを合わせれば良いか迷い、どこに花を置いてよいか迷い。結局わからない。でもその時好きになってシャッターを切る。ってのを繰り返しました。
でも、本当に綺麗。美しい。幸せでした。

Makro-Planar T* 2/50

今は、Milvus 2/50M

私は、このレンズを中古で10万円ほどで購入しました。
でも、一番安いレンズに思えてきています。それほどこのレンズは素晴らしいものをくれます。
こう言うと安っぽいですが、「コスパ」最高です。

私も、人につられて買った人間ですが、皆に使ってほしいレンズ。
解像、湾曲、収差、MTF。正直まだあまりよくわかっていません。わからなくなる度にネットで調べて、わかったよーな。わかんないような。
でも、このレンズはそんなのどうでもいい。とにかく楽しい。これに尽きます。