マクロプラナーでひたすらスナップ in 鷲宮

マクロプラナーでひたすらスナップ in 鷲宮

皆さんお疲れ様です。

実家のある岩手へ帰省して帰ってきました。
岩手、とてもいい所ですよ~ のんびりしていて(´∀`)

ブログトップの緑たっぷりの画像は、岩手の小岩井農場のものです。
是非足を運んでもらいたいです。

本当は、盛岡で写真を撮影したかったのですが、困ったことにしっかりと寝て過ごしてしまいました。
あっという間に時間は過ぎ、お盆は終了となりました。悲しい。

鷲宮

全く岩手・お盆と関係ありませんが、8月の頭に鷲宮へ行ってスナップを少し撮ってきたので記録記録。

レンズは安定のマクロプラナー。
とりあえずは、目指せ1万枚!それまでは、このレンズで撮りまくります。

らき☆すた

なぜ、突然鷲宮へ出掛けたのかというと、アニメの聖地巡礼的なものです。
でも、アニメ上のカットとかは関係無く、気になったものを特に深く考えずに撮ってしまい、聖地巡礼とは言えないのかもしれませんが……

また、なぜらきすたかというと、今週は友人と西宮へ行く予定があり、西宮・アニメというと「涼宮ハルヒの憂鬱」
涼宮ハルヒの憂鬱というと、「京都アニメーション」
京都アニメーションというと「らき☆すた」
という訳です。

鷲宮駅

鷲宮駅は、東武伊勢崎線の駅です。
東京の浅草から50km超だそうです。結構遠い。

自宅が東急沿線なので、久喜までは直通で行く事が出来ますが、一旦乗換が必要でした。
東武の車両には良く乗りますが、東武線に入るのは久しぶりかもしれません。
乗ってみると、JRの湘南新宿ラインとか、上野東京ラインとかも長いですが、私鉄の直通リレーもなかなか長いですよ。
少し、くたびれました(笑)

ここまで来ると、埼玉といえど結構田舎。
東北の田舎とは違う、雰囲気のある田舎です。

駅舎にも、何か店舗が入っていたような跡はありましたが、今は特に何もなく、比較的大きな駅舎はガランとしています。

駅は、特に撮るものをみつけられず、剥がれかけのステンドグラスだけ

そして、駅舎は昼にも関わらず、結構暗かった。
まぁ駅なんてそんなものなのかもしれませんが。

鷲宮の街並み

駅では、特に時間を使わずとりあえずまわりを散策。
この日のとりあえずの目標は鷲宮神社なので、そこまでをgoogleマップを使いながら歩いて、帰りは寄り道をしながら勘で駅に向かうノンビリ行き当たりばったりスタイルで。

鷲宮の街とらきすた

やっぱりアニメの聖地。らきすた推しです。

付近の商店には、こういったポスターが掲示されています。
商店街沿いの道路には、こんな旗も。(こういうのを何というのか分からず、とりあえず旗と言っています。のぼりとは違いますよね。)

街を歩いて気になったもの

やはり、ここら辺まで来ると、首都圏といえども車社会。
商店街を歩く人はそれほど多くもなく、ほとんど車でした。
東京の23区を歩いていると、歩行者>車なので、これが逆転すると少し田舎に来たのかなぁと思いますね。
僕の田舎基準の一つなのかもしれない。

こういった街も歩いていると、色々あって面白い。
まず、見つけたのは消火器。

鷲宮の街には、至る所に消火器が設置されているみたい。
東京だとこういうのはあまりない。というか、このような消火器が街に設置されているの方が少数派だと思いますが。

その消火器もこの斜めな感じ。
現像するときに傾いているかと思いましたが、斜めだったことを思い出し、後ろの波板のラインを基準に水平を出しました。

こう、写真にするとやはり気持ちが悪い。でもそれがいい。なんて。
ケースの赤も良い感じに色褪せていてそれもまた。
中の消火器はメンテナンスが行き届いているのでしょうか。少し心配と疑問を思ったりもします。
ケースには、盗難多発と。やはり発生するのでしょうね。東京の中心では絶対に無理。
こんな張り紙で済ませてしまうのも、余裕があっていいですよね。都会は余裕が全くありません。

この消火器は、駅を出てすぐに見つけましたが、このあと少し歩いて汗がびっしょり。
出掛けた日は、8月6日で非常に暑かった。
郵便局前の向日葵も既にくたびれていました。

実際は、暑いからとかではなくただ、時期が過ぎたからなのですが、この姿を見て余計に暑さを感じてしまいます。
元気に咲いていればいくらかは爽やかな気持ちにもなりますが……

そして、このような街を歩いていて気になってしまうものに看板があります。
古い看板を見つけると、なんか時代を感じたり、地理的なものを知ったり。

~時計店って、今じゃあまり見かけませんね。
時計を扱っていると、眼鏡も扱っている。これが昔の常識?
でもこの組み合わせ、鉄板です。

そして、鷲宮町。
結構昔に市町村合併をしているのかと思ってwikiを見てみたら、現在の「久喜市」と「菖蒲町」「栗橋町」と2010年にくっついたみたいですね。
結構新しい。さいたま市の合併の方が早かったんですね。
さらに、埼玉に北葛飾郡なんてあったなんて。葛飾は東京のものだと思っていました。そして、どちらかというと千葉のイメージも持っていますが。
小学校までは、大宮市に住んでいましたが、記憶が全くありません。

そして、次に気になるのが電話番号体系。
5桁の市外局番なんてあるの?と疑問。そして、市内局番は1桁。この表記は本当に正しいのか?
4桁までは知っていますが、5桁は初めてかも。
なんて気になる事がたくさんあります。
(電話番号については、調べかけましたが、wikiを開いたら長かったのですぐに諦めました)

このようなちょっと歴史を感じるものばかりではなく、スッキリとした今風のものも。

壁というか、柵というか。
真っ白な塗装にちょっとしたアクセント。
非常にオシャレ。センスを感じました。ちょっとだけというのがいいですよね。
こういうの、たくさん貼るとイメージが全然違ってきます。
白に青とかいうと、港なイメージで海のない埼玉で見ると新鮮な感じ。

季節外れなものも発見しましたよ。

8月の七夕。
もう、笹は枯れているけどね。
そしてぶらさがる「上町 ふれあい いきいき サロン」
ちょっとよくわかりませんが。

でも、神社の前に行くとそれっぽい建物も。

涼しげ~
こういう木造の建物。良いです。

ただの看板。
なんですが、すだれの奥に「FM」の文字が「お待ちしております」の文字も。
茶屋なの?FMとの関連性が結びつきませんでした。

鷲宮神社

鷲宮に行ったらここへ足を運ばない人はいないでしょう。
駐車場に車もある程度停まっていたし、人もなかなかいました。

鳥居!
ここの鳥居は、朱くなく木が剥き出しの鳥居。神社にはあまり詳しくなく、神様によってとかは分かりませんが、朱いのと塗装無しのもの大きく分けるとこの2種類があるような。
どっかの神社もそうだったな。

夏の境内!
ただそれだけ!!!

灯籠でいいのかな?(名前忘れた)
とりあえず撮るよね。

と意味も無くシャッターを切ります。

デッカイのとちっちゃいの。あとは日差し。
後ろボケちゃった。もっと絞れば良かったかな。というよりも角度の問題?ピント面を考えて。

ワンカップじゃなくて、月桂樹。

新旧?消防ホース

さらさら~っとした。縁側?(もう。僕は何も知らない。無知……)
ひっそりと老夫婦。

一番気になった吊された着物

なんかもっと撮りようがあったんだと思うんだけど、構図が全然思いつかなかった。
何か作業をしているおじいちゃんとかいたし、着物も綺麗だったし。あ゛~!!って感じです。

上手に撮れば、結構良い写真になったよね。絶対!!
今考えても全然構図が思いつかない。経験!

写真の撮り方

なんて事を思いながら写真を撮ってきました。思っているだけで、考えてはいない。
本当いつも直感。思うがまま。
いつもそんな撮り方をしてしまいます。
これではいけないのか?上手くならないのか?そんなことも分からずに。

でも、今はこれが楽しい。ブラブラしてバシャバシャ撮って。
たくさん撮ってれば感覚が掴めてくるのかな?よくわからないけど。
楽しいから、しばらくはこんな撮り方をしていこうと思います。

最後に

書き忘れた絵馬。

と、きのこ

夏休みは続く・・・